後輩から「カッコいいな」と思われる、上司から叱られたときの振る舞い7パターン

  • 【5】「わかりました、すみません」とすぐに対処してミスを修復する

    「四の五の言わずに対処していると、さすがだなあと思います」(20代女性)というように、叱られたことを引きずらず、すぐに作業に没頭するのもいいでしょう。繁忙期など、みんなが忙しくてピリピリしている時期には、特にこうした素早い切り替えが求められるでしょう。
  • 【6】感情的になることなく、上司の勘違いを的確に指摘する

    「『濡れ衣だった』とちゃんと課長に納得させていた姿に感動」(20代女性)というように、上司と対等に議論する姿も後輩の憧れの眼差しを集めるようです。相手に間違いを認めさせる場合は、「課長もお忙しくて確認できなかったと思いますが…」などと言い添えて、上司の顔をつぶさないよう配慮しましょう。