後輩から「カッコいいな」と思われる、上司から叱られたときの振る舞い7パターン

  • 【3】自分が悪くないときは、きちんと主張する

    「私にはできないので、上司にも言いたいことを言える先輩は尊敬します」(20代女性)など、理路整然と反論する姿も後輩の憧れの対象になるようです。ただし、上司への反論は諸刃の剣なので、自分には本当に非がないのか、反論していい状況かどうかの見極めはしっかりと行いましょう。
  • 【4】「同じような状況になったらこうします」と冷静に善後策を提示する

    「叱られたことを次に活かそうとする姿勢は見習いたい!」(30代女性)のように、ミスを挽回のチャンスに変える言動は、後輩に「デキるカッコいい先輩」という印象を与えられるでしょう。冷静な発言には、相手の頭を冷やす効果もあるので、上司がヒートアップしているときは一石二鳥かもしれません。