後輩から「カッコいいな」と思われる、上司から叱られたときの振る舞い7パターン

上司に叱られている姿は、なるべくなら後輩に見られたくないもの。けれどもその時のリアクション次第で、後輩たちから「素敵な先輩」と思われるかもしれません。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートをもとに「後輩から『カッコいいな』と思われる、上司から叱られたときの振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】一切言い訳をせず「すみませんでした」と潔く頭を下げる

    「状況的に仕方のないミスなのに、釈明しなかった先輩の姿に感動!」(20代女性)というように、言い訳をせずに謝る姿に、大人の女性の格好良さを感じる人は多いようです。後で「私は悪くないんだけど…」などと周囲に愚痴ると台無しなので、一度頭を下げた件では口をつぐみましょう。
  • 【2】「では、次回からどうすればいいですか?」と上司にアドバイスを求める

    「文句を言いっぱなしの上司に、具体的な進め方を聞いていた先輩。『そうだそうだ!』と心の中で喝采しました」(30代女性)のように、厄介な上司を黙らせる意味で助言を求めるのも、後輩の賛同を得られる行動でしょう。何でもいい加減な上司には、「以前と指示が違います」などと指摘すると、後輩たちも溜飲を下げられそうです。