「うわ、体育会系だ」と引いてしまう上司の特徴9パターン

職場に一人はいる、体育会系な上司。たとえ気が合わなくても、無難に付き合うにはどうしたらいいでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『うわ、体育会系だ』と引いてしまう上司の特徴」についてご紹介します。

  • 【1】残業を仕事熱心な証拠だと思い込んでいる

    「残業しないと『やる気がない』と叱咤してくる」(20代女性)というように、残業している人を仕事熱心な人だと決めつける上司もいるようです。PCなど目につきやすいところにTO DOリストを貼っておき、自分がやるべき作業を終わらせたうえで定時に上がっていることをアピールするといいでしょう。
  • 【2】声が大きく、「がんばれ」が口癖である

    「某熱血タレントを彷彿とさせる上司。声が大きければいいってもんじゃない」(20代女性)というように、上司がやたらと声をはりあげ、常に「がんばれ」「負けるな」と激励してくるパターンです。相手に負けないくらい大きな声で返事をして、「言われなくても頑張っている」ことを暗に伝えてみてはいかがでしょうか。