仕事で忙しい彼氏に連絡はNG?寂しいときの正しい対応9パターン

  • 【5】「一時間で帰る」と決めて彼氏の家へ行き、たまった家事を手伝ってあげる

    「相手のペースを邪魔しないように時間を決めていく」(20代女性)など、短時間でも彼氏の顔を見たいなら、家事を手伝いにいってあげる方法もあるようです。掃除や洗濯を手早く片付ければ、余裕のない彼氏を間接的にサポートしてあげられそうです。
  • 【6】お弁当を作り、「作りすぎちゃったから」と彼氏に手渡してあげる

    「好物の差し入れが一番喜ばれる」(20代女性)など、彼氏の好きなものをお弁当にして渡してあげると、激しく感謝されるようです。彼氏の帰宅にあわせて、お弁当にした「晩ご飯」を持っていけば、顔を見ながら一緒に食べることもできそうです。