【ランキング】「僕は君の所有物じゃないんだ!」と彼氏が嫌がる「恋人ルール」ワースト3

1377578590847 200x200

恋人と付き合っていく上で、いろいろなルールを決めている人も多いのではないでしょうか。約束ごとが互いの気持ちを確認することに一役買っているかもしれませんが、中には「めんどくさっ!」と思っている男性もいるようです。そこで今回は『スゴレン』男性会員へのアンケートをもとに、「『僕は君の所有物じゃないんだ!』と彼氏が嫌がる『恋人ルール』ワースト3」を発表します。

【同率1位】メールと電話は毎日必ずすること(46票)
・「元カノは『おやすみの電話』を強要。仕事から疲れて帰ってきた日はしんどかった」(30代男性)
・「外せない用事があって連絡できないこともあるし、恋人なら事情をわかってほしい」(20代男性)
・「毎日連絡を取ってると、いざ会ったときに何にも会話の話題がなくて困ることも(苦笑)」(20代男性)

【同率1位】異性の友達とは話をしないこと(46票)
・「恋人にだって友人関係にまで口を出す権利はないと思う」(20代男性)
・「女友達の仕事の相談に乗ってたのがバレて、彼女が一週間口をきいてくれなかったことが。理不尽すぎる」(20代男性)

【3位】いつでも携帯電話をチェックしていいということ(42票)
・「常に浮気を疑われてるようで気分が悪い」(30代男性)
・「そのルールを作った僕の彼女は、携帯電話にロックかけてます(苦笑)。自分がやましいことしてるんじゃない?」(20代男性)


1位~3位の束縛とも言えるようなルールは、彼氏への愛情が強すぎるあまりに作ってしまったものでしょう。ただしあまりに厳しすぎると、男性は「信用されてない」と腹が立ったり、彼女から逃げたくなるようです。恋人同士間の約束は「一ヶ月に一度は遠出をしよう」のように、マンネリにならないためのものにするほうがいいのではないでしょうか。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計273名(『スゴレン』男性会員)
方法:インターネット調査
※2013年8月24日現在