「どんぶり勘定」な夫とストレス少なく付き合うための工夫9パターン

お金にルーズなのが「性格のせい」だとしたら、改善させるのは難しそうですが、夫に振り回されずに家計を守ることができれば、気持ちはずいぶん楽になるでしょう。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『どんぶり勘定』な夫とストレス少なく付き合うための工夫」をご紹介します。

  • 【1】月々一定額を家計に入れさせ、残ったお金の管理には口出ししない

    「家族の分だけしっかり確保したら、夫の浪費は気にしないようにする」(30代女性)というように、やりくりに関して足並みが揃わないなら、財布を分けると折り合いをつけやすいかもしれません。家への入金すら大雑把にしそうなら、「お小遣い制」に変更し、無計画な夫が頼ってきても家計は死守しましょう。
  • 【2】「1円単位でチェックするような男よりマシ」と自分に言い聞かせる

    「『きっぷのよさは、将来大物になる証!』と思い込む。将来って、いつ…?」(20代女性)というように、夫の大胆な金遣いを好意的にとらえて平静を保とうとする、健気な妻もいます。とはいえ、いつも大目に見ていては、単なる現実逃避になってしまいます。「気を取り直すための手段」に留めましょう。