小さなわが子に言ったあと、激しく後悔した「罵声」9パターン

コミュニケーション能力は未発達でも、感受性は豊かな幼い子どもたち。あなたの何気ない一言が、その後の人生に悪影響を与える可能性もないとは言えません。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「小さなわが子に言ったあと、激しく後悔した『罵声』」をご紹介します。

  • 【1】存在そのものを否定する「アンタなんか生むんじゃなかった!」

    「何かあるたびに『好きで生まれてきたんじゃない!』と言う子になったのは、やっぱり私のせい?」(30代女性)というように、言われたわが子が「望まれなかった子ども」と勘違いして卑屈になってしまう恐れもあります。もし同じことを自分が親に言われたらどう思うのか考えて言葉を選びたいところです。