「老後資金? なんとかなるだろ」と楽天的な夫に少しは先々のことを考えてもらうための一言9パターン

  • 【7】「こんなカツカツの生活だよ」と、備えのない暮らしを体験させる

    「『なんとかなるか、やってみれば?』と小遣いゼロを強いたら、たちまち反省した」(30代女性)というように、「準備しよう」といくら言っても聞く耳を持たないなら、身をもってわからせるのもよさそうです。「実際はおかずがもう一品少なくなるよ」などとダメ押しして、観念させましょう。
  • 【8】「私は私でなんとかするから、あなたも…」と、自己責任を要求する

    「『各自のやり方で老後を迎えよう』と提案したら、心配そうに『君のはどんなプラン?』だって」(30代女性)というように、夫に文句を付けない代わりに、「でも私を頼らないで」と突き放せば、不安をあおることができそうです。自力で考えるよう仕向ければ、協力体制もスムーズに整えられるでしょう。