【ランキング】「メシマズ彼女」の手料理に彼氏が内心思っていることワースト3

1377495926860 200x200

彼女が手料理を作ってくれるだけで「味はどうであれ気持ちが嬉しい!」と喜ぶ彼氏は多いでしょう。しかし、あまりにも料理がまずかった場合、恋心に影響しないのでしょうか? そこで男性の本音はいかなるものかを知るべく、今回は『スゴレン』男性会員へのアンケートをもとに、「「メシマズ彼女」の手料理に彼氏が内心思っていることワースト3」を発表します。

【1位】「頑張って作ってくれたんだから、無理してでも食べよう」(44票)
・「手抜きの冷凍食品よりも、まずくても手料理の方がずっと価値があると思うから最後まで食べてあげたい」(10代男性)
・「許せるのは最初のときだけ。いつまでも上達しなかったらさすがに言うと思う」(20代男性)
・「できれば『無理して』食べてるのは察してほしいです…」(20代男性)

【2位】「頼むから、せめて味見だけはしてくれ!」(18票)
・「今後出されるものにも必要以上に警戒しちゃって安心できない(苦笑)」(20代男性)
・「味見をした上でまずかったのなら、『味の好みの違い』と思ってまだ納得できるので」(20代男性)

【3位】「何て感想を言えばいいんだろう」(17票)
・「何とか褒めようと気を遣いすぎちゃって、食事中なのに疲れてしまう」(20代男性)
・「『おいしかったよ』と顔を引きつらせながら言ってしまったことがあります(苦笑)」(20代男性)


挙げられた数々の意見を見ると、彼女を傷つけまいと気を遣ってくれる彼氏が多いということがわかるでしょう。一生懸命作ってもらった手前、味の指摘をしにくいという心理も働いているようです。そこで、「美味しい?」と尋ねるのではなく、「塩加減はどう?」「もうちょっと焼いた方が好みだった?」のように具体的に聞いてみると、男性も本音のアドバイスをしやすくなるのではないでしょうか。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計133名(『スゴレン』男性会員)
方法:インターネット調査
※2013年8月24日現在