「家事に協力しない夫」にイラッとしないための思考法9パターン

  • 【4】「イケメンで見た目はパーフェクトだし…」とほかのいいところに目を向ける

    「『子煩悩で、育児スキルはバッチリだもんね』とパパとして認める」(30代女性)というように、別の面を評価できれば、家事への消極的な姿勢には目をつぶれるかもしれません。「絶対に家のことをしてもらう!」と躍起にならず、「人それぞれの持ち味がある」と大らかに構えてみるといいでしょう。