「家事に協力しない夫」にイラッとしないための思考法9パターン

  • 【5】「私の見る目がなかった」と反省して諦める

    「うちの夫はそういう人だと受け入れるしかない…」(30代女性)というように、どうあがいても協力してくれそうになければ、いっそ観念してしまうことで、心が晴れるかもしれません。いわゆる「カジメン」と比べることなく、うちはうちと割り切って考えましょう。
  • 【6】「ゴミ捨てだけはするし」とハードルを下げる

    「週末の風呂掃除は嫌がらずにやってくれるから、『まあいっか』と思ってます」(20代女性)というように、大きな期待をかけず、ごく簡単な家事でもできればヨシと考える方法もあります。さらに次は「洗濯物たたみ」「皿洗い」など、タイミングを見計らって具体的な家事を頼んでみるといいかもしれません。