「家事に協力しない夫」にイラッとしないための思考法9パターン

  • 【2】「好きで結婚したからなあ」と新婚当初の気持ちを思い出す

    「『この人と一緒に暮らせるだけで幸せだったなあ』と初心に帰る」(30代女性)というように、恋愛に一生懸命で、夫に多くを望まなかった時代を振り返るのもいいでしょう。当時の思い出にどっぷりひたってみると、「料理や掃除くらい私が頑張ろう」という気になれるかもしれません。