「家事に協力しない夫」にイラッとしないための思考法9パターン

最近、家事に協力的な男性が増えているといわれているのに、自分の夫は一向に協力してくれない…。心の中が小さな不満でいっぱいになってしまったとき、どんなふうに考えれば諦めがつくでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『家事に協力しない夫』にイラッとしないための思考法」をご紹介します。

  • 【1】「夫はお金を持ってくる係」と役割分担を意識する

    「『うちでは働かないけど、外で稼いでくれる』と心の中で繰り返し唱える!」(30代女性)というように、自分が専業主婦の立場なら、「夫は会社に通う人で私は家事をする人」と、それぞれの担当を明確にしてみると、少しはスッキリしそうです。共稼ぎであれば、「世の中、働かない夫もいるし…」と下を見ることで、気分を切り替えましょう。
  • 【2】「好きで結婚したからなあ」と新婚当初の気持ちを思い出す

    「『この人と一緒に暮らせるだけで幸せだったなあ』と初心に帰る」(30代女性)というように、恋愛に一生懸命で、夫に多くを望まなかった時代を振り返るのもいいでしょう。当時の思い出にどっぷりひたってみると、「料理や掃除くらい私が頑張ろう」という気になれるかもしれません。