何気なく口にしただけなのに、夫のコンプレックスを刺激してしまった一言9パターン

  • 【2】「あの子には、スーツ着るような仕事に就いてほしい」と職業で差別する

    「公務員のボーナス額が報道されていたので、自営の夫に『やっぱり安定が一番だよね』と話しかけたら、不機嫌になった」(20代女性)というように、職業に対する偏見を感じさせる言葉も、場合によっては反感を買いかねません。子どもに夢を託すのは自由ですが、プライドを持って働いている夫を傷つけないように注意しましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)