何気なく口にしただけなのに、夫のコンプレックスを刺激してしまった一言9パターン

何の気なしに放った言葉のせいで、夫の劣等感を刺激してしまい、気まずくなった経験はありませんか? 思わぬところで夫の気分を害さないために、「NGワード」はひそかにおさえておきたいものです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「何気なく口にしただけなのに、夫のコンプレックスを刺激してしまった一言」をご紹介します。

  • 【1】「あんな素敵なうちに住みたい」と夫の収入では無理なことを言う

    「旅番組を観ながら『海沿いの家で大型犬なんて飼えたら素敵だなあ』とつぶやいたら、『どうせオレは安月給だし…』とすねられた」(30代女性)というように、ただの感想を述べたつもりが、「稼ぎへの不満」だと曲解されると、面倒なことになりそうです。日ごろから収入の少なさを気にしているようなら、安易な発言は避けましょう。
  • 【2】「あの子には、スーツ着るような仕事に就いてほしい」と職業で差別する

    「公務員のボーナス額が報道されていたので、自営の夫に『やっぱり安定が一番だよね』と話しかけたら、不機嫌になった」(20代女性)というように、職業に対する偏見を感じさせる言葉も、場合によっては反感を買いかねません。子どもに夢を託すのは自由ですが、プライドを持って働いている夫を傷つけないように注意しましょう。