「幸せすぎる…」彼女の優しい愛情で泣きそうになった瞬間9パターン

「恋人からの愛情」を感じるツボは人それぞれですが、彼女のちょっとした優しさが、彼氏を猛烈に感動させることもあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身男性262名に聞いたアンケートを参考に、「『こんなに愛されてたのか…』と彼女の大きな愛情を感じて泣きそうになった瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】デートプランがこけても、「二人で居られれば幸せ」と笑ってくれたとき

    「情けない気持ちが救われた」(20代男性)など、彼氏のデートプランが微妙だった場合に一言フォローすることで、感激する彼氏もいるようです。「上手にリードしなくては」と気負っている彼氏ほど、一緒に居られる幸せを噛み締めてくれそうです。