「さすが!」と同僚女性に一目置かれるモテスキル9パターン


オフィスに一人はいるステキ女子。男性だけでなく、同性からも認められる彼女たちには、一体どんなスキルがあるのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「同僚女子が『さすが!』と認めざるを得ないステキ女子のモテスキル」をご紹介します。

  • 【1】どんなに忙しくてもメイク直しは欠かさない

    「夕方になっても鼻のテカリすらない完璧なメイク…。私にはできない」(30代女性)というように、一分一秒たりとも油断しないメイクに、同性は一目置くようです。ただし、メイクをキープするために何度も席を外すと、周りから「さぼっている」と思われることもあるので、まずは化粧くずれしにくいアイテムを選ぶ工夫をしましょう。

  • 【2】人の顔と名前を即座に覚えて、すぐに相手を名前で呼ぶ

    「1回話しただけなのに、気心の知れた友達のようになっていて驚いた」(20代女性)というように、知り合って間もない相手にも上手く親しみを演出する女性も、同僚から高い評価を受けています。名前を覚えるのが苦手な人は、名刺に会った日時や相手の特徴をメモしておくと、顔と名前を一致させる良い材料になるのではないでしょうか。

  • 【3】デスクの上まで女の子らしく、おしゃれな雑貨が揃っている

    「デスクですら手を抜かないなんて、ハイスペックすぎでしょ」(20代女性)というように、デスク上で展開されるセンスも、モテの重要なポイントのようです。デスクを装飾できない環境なら、ボールペンなどの文房具に凝ってみてはいかがでしょうか。

  • 【4】いつも明るく、気分にムラがない

    「どんなときでも周りの人を不快な気持ちにさせないところ、本当に見習いたい」(30代女性)というように、精神状態が安定していて感じがいい女性は、同性からも好かれるようです。イライラしているときは、コーヒーブレイクでもして気持ちを切り替えてはいかがでしょうか。

  • 【5】仕事の不満や愚痴を同僚には漏らさない

    「愚痴を言わない強いハートが自分も欲しい」(20代女性)というように、マイナス発言をしないポジティブな姿勢もモテの秘訣のようです。不要な愚痴を言わないためにも、趣味などでストレスを解消する方法を模索してはいかがでしょうか。

  • 【6】どんな仕事を頼まれても、絶対に嫌な顔をしない

    「あの感じの良い対応は、すごいとしか言いようがない」(20代女性)というように、どんな仕事にも前向きに取り組む人は、同性からも認められるようです。同僚の信頼を得ることができ、仕事のスキルアップにもつながると捉えれば、対応も変えられるのではないでしょうか。

  • 【7】いろんな人の長所を見つけてよく褒める

    「いつもさりげなく褒めてくれるので、一緒にいて気分がいい」(30代女性)というように、人を上手く褒めるのもある種のスキルだと言えそうです。ただし、媚びを売っていると思われる可能性もあるので、「さりげなく」を意識したほうがいいでしょう。

  • 【8】他の部署の人ともランチに行くなど、積極的に交流する

    「人見知りの私には絶対ムリ。見習いたい」(20代女性)というように、社交的でいろんな人と親しくできるのは、女子憧れのテクニックであるようです。人見知りの自覚がある人は、交友関係を広げるために、顔が広い友達にサポートしてもらってはいかがでしょうか。

  • 【9】話題が豊富で、初対面の人とも話が弾む

    「経済にエンタメ、ファッションにビューティ…話してて楽しいから、モテるのも納得」(20代女性)というように、ステキ女子には、相手の懐にするりと入り込む話術と、どんな会話にもついていける情報力が備わっているようです。日頃から最新ニュースや流行をチェックする習慣をつけるといいでしょう。

見た目、気配り、教養など、あらゆる面で気を抜かないのがステキ女子。モテスキルを習得すれば、ビジネスでもプライベートでもプラスになりそうです。ほかにも「同僚女子が『さすが!』と認めざるを得ないステキ女子のモテスキル」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(小中カナ)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock