やってしまった!あとから気づいたビジネスメールの失態8パターン

毎日何通も送るビジネスメール。気をつけていても、ミスしてしまった経験がある人も多いでしょう。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『やってしまった!』と後から気付いたビジネスメールの失態」をご紹介します。

  • 【1】「TO」「CC」「BCC」の使い方を間違える

    「BCCとCCの違いが分かっていなくて、ずっと使い方を間違っていました…」(20代女性)というように、メール独自の機能の使い分けができず、ミスしてしまったパターンです。特に、BCCとCCを間違えると、他人のメールアドレスを関係のない人にばらまくことにもなるので、後輩にもしっかり指導したほうが良さそうです。
  • 【2】文字変換で派手にミスをしている

    「ひどい変換のまま送ってしまい、すぐに謝罪の電話をしました(泣)」(20代女性)というように、油断が原因でポカをしてしまった人もいます。「お世話になっております」「よろしくお願いいたします」など、よく使う言葉は「辞書登録機能」を使って簡単に変換できるようにし、打ち間違いを減らす工夫をしてはいかがでしょうか。