お局様にジェネレーションギャップを感じさせずにカラオケを盛り上げる方法8パターン

職場の同僚と、飲み会の流れでカラオケに行く機会もあるでしょう。そんなとき、お局様の前で新曲ばかり歌ったり、お局様の選曲に微妙なリアクションをしたりすると、場が白けてしまうかもしれません。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「お局様にジェネレーションギャップを感じさせずにカラオケを盛り上げる方法」をご紹介します。

  • 【1】お局様が知らない曲を歌っても、ノリノリでタンバリンやマラカスを使う

    「とにかく盛り上げ役に徹します」(10代女性)というように、どんな曲でもノリよく楽しそうに振る舞い、お局様をいい気分にさせるパターンです。賑やかな音を立てることで、歌詞や曲を知らなくとも、存分に盛り上がっている雰囲気を演出できるのではないでしょうか。