高知県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」

男性のおごりか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? 豪快かつ怠け癖がある男性に対し、働き者で遊びも大好きでたくましいと評される高知県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(56.7%)
    【2位】男性が全額負担(23.3%)
    【3位】きっちりワリカン(20.0%)
    【4位】自分が多めに負担(0.0%)
    【4位】自分が全額負担する(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(60.0%)
    【2位】きっちりワリカン(23.3%)
    【3位】男性が全額負担(13.3%)
    【4位】自分が多めに負担(3.3%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)


    【考察】
    理想、現実ともにデート代は「男性が多めに負担」することが全国平均より圧倒的に多かった高知県カップルのお財布事情。剛胆で知られる高知県男性ですが、一方で仕事が長続きしない怠け者とも言われるため、おごりたいけど全額はおごれないのが本音なのでしょうか。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計51名(20代の独身女性)
    地域:高知県
    方法:インターネット調査