岡山県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」

男性のおごりか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? 教育熱心で競争好き、ビジネスにも長けたその様が、時に小ずるいとも評される岡山県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(45.3%)
    【2位】男性が全額負担(32.8%)
    【3位】きっちりワリカン(20.3%)
    【4位】自分が多めに負担(1.6%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(50.0%)
    【2位】男性が全額負担(26.6%)
    【3位】きっちりワリカン(21.9%)
    【4位】自分が多めに負担(1.6%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)


    【考察】
    デート代の支払いについて、理想も現実もともに全国平均とほとんど同じ数値をマークした岡山県カップル。すなわち「男性が多めに負担」がもっとも多いようです。男女ともに倹約家が多く、あまりお酒好きでもない同県だけに、デート代のコストがかからず男性の負担が少ないという実態があるのかもしれません。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計111名(20代の独身女性)
    地域:岡山県
    方法:インターネット調査