兵庫県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」

男性のおごりか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? エリアで地域性は異なりながらも、神戸の洗練された上品なイメージが強い兵庫県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(52.2%)
    【2位】男性が全額負担(31.9%)
    【3位】きっちりワリカン(14.5%)
    【4位】自分が全額負担する(1.4%)
    【5位】自分が多めに負担(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(52.2%)
    【2位】きっちりワリカン(24.6%)
    【3位】男性が全額負担(20.3%)
    【4位】自分が多めに負担(1.4%)
    【4位】自分が全額負担する(1.4%)


    【考察】
    兵庫県女性もお隣の大阪府女性と同じく、デート代は「男性が全額負担」すべきと考えている人が全国平均より多め。実際は「男性が多めに負担」する傾向が強いようです。節約指向の大阪府女性に対し、男性には頼りがいを求める兵庫県女性の違いがあるのかもしれません。事実、譲れない彼氏の条件にあるように、相手の「職業」にはうるさいようです。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計111名(20代の独身女性)
    地域:兵庫県
    方法:インターネット調査