三重県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」

男性のおごりか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? 古くから伊勢参りで人の出入りがあり、人当たりがよく信仰心から正直者が多いと言われる三重県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(49.4%)
    【2位】男性が全額負担(30.9%)
    【3位】きっちりワリカン(17.3%)
    【4位】自分が多めに負担(2.5%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(45.7%)
    【2位】きっちりワリカン(28.4%)
    【3位】男性が全額負担(18.5%)
    【4位】自分が多めに負担(7.4%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)


    【考察】
    デート代は「男性に全額負担ほしい」が全国平均よりも多かった三重県女性。この辺はお隣愛知県と同じメンタリティ。実際は「きっちりワリカン」が多く、「男性が全額負担」「多めに負担」の割合は全国平均より低めという悲しい結果に。多めに負担している三重県女性も全国平均の2倍ですし、デートでは良いところを見せて欲しいものです。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計111名(20代の独身女性)
    地域:三重県
    方法:インターネット調査