愛知県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」


男性の奢りか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? 新しいものを取り入れることに慎重で、基本的に無駄遣いはしないと言われる愛知県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(42.2%)
    【2位】男性が全額負担(35.9%)
    【3位】きっちりワリカン(20.3%)
    【4位】自分が多めに負担(1.6%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(57.8%)
    【2位】きっちりワリカン(23.4%)
    【3位】男性が全額負担(17.2%)
    【4位】自分が多めに負担(1.6%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)


    【考察】
    「男性が多めに負担する」というカップルが6割近くにのぼった愛知県。「男性に全額負担」して欲しいと考えている女性は中部エリア一と要求の高い愛知県女性。実際その期待に応えられている男性は17.2%と逆に中部エリアで最低クラス。おごってほしい女性と、ケチな男性。日夜この駆け引きが繰り広げられているのかもしれません。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計111名(20代の独身女性)
    地域:愛知県
    方法:インターネット調査