岐阜県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」

男性のおごりか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? 勤勉な飛騨と、商売上手な美濃とで性格が違うものの、いずれも他人には気を許さないと言われる岐阜県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(38.8%)
    【2位】男性が全額負担(34.3%)
    【3位】きっちりワリカン(26.9%)
    【4位】自分が多めに負担(0.0%)
    【4位】自分が全額負担する(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(38.8%)
    【2位】きっちりワリカン(32.8%)
    【3位】男性が全額負担(23.9%)
    【4位】自分が多めに負担(4.5%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)


    【考察】
    全国平均と比較すると「男性が全額負担」する率が全国でも高いレベルにあった岐阜県カップルのデート代事情。岐阜県男性の気前の良さがうかがえます。ただし、それでも「男性が全額負担」「男性が多めに負担」いずれの項目も、岐阜県女性が期待するほどには応えられておらず、岐阜県女性の要求レベルは高いのです。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計111名(20代の独身女性)
    地域:岐阜県
    方法:インターネット調査