秋田県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」

男性のおごりか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? 古くからの米どころからか、おっとりとして純朴な人が多く、一方で優柔不断で決断力が足りないとも言われる秋田県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(52.6%)
    【2位】男性が全額負担(23.7%)
    【2位】きっちりワリカン(23.7%)
    【4位】自分が多めに負担(0.0%)
    【4位】自分が全額負担する(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(52.6%)
    【2位】きっちりワリカン(28.9%)
    【3位】男性が全額負担(13.2%)
    【4位】自分が多めに負担(5.3%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)


    【考察】
    「男性が多めに負担」の理想値と現実値が見事にぴったりはまっている秋田県カップルのデート模様。もちろん、「男性が全額負担」してほしい秋田県女性も4分の1はいるわけですが、それでも半数以上は男性が多めに払えばOK。もっとも、どれだけ多めに支払えば良いのか気になるところではあります。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計56名(20代の独身女性)
    地域:秋田県
    方法:インターネット調査