貯金なしの彼氏に「結婚資金を貯める!」と決意させる一言9パターン

結婚したい相手ができたのに、彼に貯金がなかった…。そんなとき、どんな言葉をかけると男性は貯蓄を意識するのでしょうか。今回は10代から30代の独身男性260名に聞いたアンケートをもとに、「彼氏に『結婚資金を貯めよう』と貯金を決意させる一言」を紹介します。

  • 【1】「マイホームに教育費…一生でどれくらいお金がかかるのかな?」など、生涯の必要資金を算出する

    「生きていく上での現実を知った」(30代男性)というように、一生涯にかかるお金をリアルに認識させる作戦です。本当に一生をともにするのであれば、目前の挙式を乗り越えるためだけでなく、ふたりの末永い未来のために算出しておいて損はないでしょう。
  • 【2】「○○万円貯まったら結婚しようよ」と目標の貯蓄額を明示する

    「具体的な目標があると走れる」(20代男性)というように、目指すべき明確な金額を掲げる作戦です。ただし、金額を一方的に提示すると「やらされてる感」を与えてしまう危険も。一緒に目標を考えて設定すると彼のやる気が増すでしょう。