家事を手伝ってくれるものの「むしろ二度手間!」な夫を成長させる工夫9パターン

中途半端に家事を手伝ってくれる夫。思いやりがあることには感謝しつつ、仕事の質を高めてもらうには、一体どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「家事を手伝ってくれるものの『むしろ二度手間!』な夫を成長させる工夫」をご紹介します。

  • 【1】「育った環境によって、家事の仕方も違うものだね」とやり方の違いを強調する

    「本当は下手なんだけど、揉める原因になるので否定はしちゃダメ」(30代女性)というように、変に自信を持っている夫には、慎重に改善を求めたほうがいいでしょう。「段取りが異なっていたら、より優れているほうを取り入れる」という言い方でレベルアップをはかると、抵抗なく受け入れてもらえるかもしれません。
  • 【2】大げさに感謝しつつ、「ここまでしてくれたら120点!」と理想を伝える

    「完璧な状態がどんなものか見せてあげることが大切」(30代女性)というように、至らなさをあげつらうのではなく、自分で察してもらうのも手っ取り早い方法でしょう。心のなかでは雑な仕事ぶりにガッカリしていても、顔には出さないほうがよさそうです。