ママ友ランチに気乗りがしない…角が立たない断り方9パターン

ママ友ランチのお誘いを受けて、その気持ちはうれしくても、気が向かずに即答を迷った経験はありませんか? むげに断って次から誘われなくなるのも寂しいため、「どう伝えればいいのか」に頭を悩ませる人は多いと思います。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「ママ友ランチのお誘いに気乗りしないとき、角が立たない断り方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「今月お小遣いがピンチなの!」と、お財布事情を方便にする

    「『家計が厳しいから、今日は自粛しとく』と言えば、『じゃ、また今度ね』という感じになる」(20代女性)というように、懐具合を口実にすれば、波風を立てずにお誘いをパスできそうです。それで声がかからなくなるようなら、「ピンチを切り抜けたから付き合って」と、頃合いを見て自分から誘ってみましょう。