言うんじゃなかった…わが子のやる気をそいでしまった失言9パターン


「良き親」でありたいと願いつつ、思わず子どもに言ってしまったダメ発言に、自分自身が凹んでしまう…。そんな経験のある人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、「言うんじゃなかった! わが子の『やる気』をそいでしまった失言」を紹介します。

  • 【1】「あれほど言ったのに!」と、過ぎたことを責める

    「『標本作りとか面倒なことに手を出すからこうなるのよ! 自由研究なんて朝顔の観察でいいのに…』と言ってしまった」(30代女性)というように、子どもの選択をあとから非難すると、チャレンジ精神を損ないそうです。出来はどうあれ「よくがんばったね!」というシンプルなホメ言葉がわが子を前向きにするでしょう。

  • 【2】「宿題やんなさい!」と、先回りして指示する

    「『ピアノの練習は!?』って聞くと、いつもふくれっつら…」(30代女性)というように、先んじて注意することで、「今やろうと思ってたのに…」と反抗心をあおってしまう場合もあるようです。「用意はしたの!?」といった詰問口調も、「命令」と同じくらい反感を買いやすいので、できるだけ控えましょう。

  • 【3】「何やってんのよ!」と、頭ごなしに失敗を叱る

    「『これだからアンタって子は!』と怒鳴ったあと、見下した言い方に反省…」(30代女性)というように、子どもに向かって、つい感情的な罵声を浴びせてしまう人もいるようです。「キレやすい大人の悪い例」を示したくなければ、自分自身の短気さを見つめ直したほうがいいかもしれません。

  • 【4】「その程度で満足してちゃダメ!」と、目の前の成果を認めない

    「進級試験に合格した日に『1年間そろばんやって、まだ9級?』とか言うなんてもうバカ…」(40代女性)というように、浮かれる子どもにクギを刺すつもりが、余計な一言で傷つけてしまうこともありそうです。現在の到達点をホメるだけでなく、「たくさん練習したもんね!」などと努力の過程を認める言葉をかけてみましょう。

  • 【5】「○○ちゃんは二重跳びできたんだって!」と、友達と比べる

    「『1組で逆上がりできないのアナタだけだって!?』ってわざわざ言うことじゃなかったかも」(40代女性)というように、安易に他人と比較する一言は、子どもの劣等感を刺激しかねません。もし頑張りが足りないと思うなら、「一緒にやってみよう!」などと、子どもの努力をサポートしてやりましょう。

  • 【6】「余計なことしないの!」と、前向きな申し出を断る

    「『レタスちぎってあげる』と張り切る娘を『宿題が先!』とはねのけてしまった…」(30代女性)というように、役に立とうとする気持ちを無下にして、わが子のやる気をポッキリ折ってしまうこともあるかもしれません。「嬉しいな。20分だけお願いね」と条件をつけるなど、なるべく子どもの気持ちを汲んであげましょう。

  • 【7】「考えすぎ!」と、子どもの悩みを軽んじる

    「内気な娘。発表会の前に悩んでるから『もっと気楽に!』と言ったら、『ママにはわかんない!』とスネられた」(30代女性)というように、励ますつもりが逆に溝を深めてしまうケースもあるようです。本音はともかく、まずは「不安なのもわかるよ」などと気持ちを受けとめてみてはどうでしょう。

  • 【8】「うわ、パパそっくりねー」と、父子もろとも軽蔑する

    「プラモデルを組み立ててるの見て、『パパに似て不器用だね』ってウッカリ出た…」(30代女性)というように、父親である夫を軽んじ、さらにわが子をおとしめる「ダブルの人格否定」は罪が深いかもしれません。子どもを健全に成長させたいなら、夫の悪口は自重したほうがよさそうです。

  • 【9】「ママから先生に聞いてみるわ」と、子どもの話を信用しない

    「話が要領を得ないので、『もういい、学校に電話するから』と打ち切ったら、娘が黙ってしまった」(40代女性)というように、子どもの拙い説明をまともに取り合わず、頭越しに先生や学校に問い合わせするようでは、母を信頼して話そうとする意欲をつぶしてしまうでしょう。たとえわかりづらくても、わが子の成長を願うなら、根気よく耳を傾けたほうがよさそうです。

親なら誰しも「言っちゃいけないってわかってるけど…」と小さな後悔を毎日積み重ねているのではないでしょうか。たまには他人のNG発言に「あるよねー」と心を慰め、「明日からはやめよう」と静かに決意を固めてもいいかもしれません。(水谷仁美)
Photo:All images by iStock