せっかく家事をしてくれる夫に「ツッコミたいけど我慢している一言」9パターン

  • 【5】手料理をふるまってくれるけど、「ホントはおいしくない…」

    「休日はむしろ、おいしい外食で気晴らししたいんだけど…」(40代女性)というように、張り切る夫を傷つけたくなくて、頭を悩ませる妻は多いようです。本人に自覚がないようなら、「次はこんなイタリアンが食べたいなあ」と、参考になる料理本を渡してしまうのもいいでしょう。
  • 【6】普段の節約を台無しにされて、「あー、もったいない!」

    「水をジャージャー出しっぱなしで食器洗い。心の中で悲鳴あげてます!」(20代女性)というように、日頃の節約が吹っ飛ぶやり方に、ハラハラさせられることもあるでしょう。夫に指摘して険悪な雰囲気になるよりは、節水栓などの便利グッズを黙って取り付けるのも手です。