せっかく家事をしてくれる夫に「ツッコミたいけど我慢している一言」9パターン

よかれと思って家事をする夫と、夫のやり方に不満はあっても機嫌を損ねないように黙ってしまう妻。双方の思いをうまくすり合わせる方法はないものでしょうか。そこで今回は20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「せっかく家事をしてくれる夫に『ツッコミたいけど我慢している一言』」を紹介します。

  • 【1】調理後のキッチンの悲惨さに、「やらないほうがマシ!」

    「壮絶な洗い物と格闘する私に、夫は『楽できただろ?』とドヤ顔…」(30代女性)というように、達成感に満ちた夫のノーテンキな言葉を、忍の一字でこらえる妻は多いようです。たび重なるようなら、夫が調理する横に立ち、作るそばから片づけてみせるのはどうでしょう。少しは不満を察して、学習してくれるかもしれません。