わが子の「イヤイヤ期」の大変さを夫に理解させ、協力を仰ぐための工夫9パターン

  • 【9】美容院など数時間かかる用事を作り、父子を二人きりにする

    「数時間一緒にいればイヤイヤのなんたるかは分かるはず。夫に任せて『癒し』の時間を作れば一石二鳥」(30代女性)というように、外出する用事を作って二人きりの時間を設けた人もいます。子どもに不快な思いをさせてはかわいそうなので、ごはんや着替えなど、お世話に必要なものはしっかり用意しておきたいところです。

あの手この手で育児に関心を向けさせ、夫を巻き込んでしまうことが、「イヤイヤ期」を乗り切るためには不可欠なのかもしれません。まさに今、お子さんに手を焼いている人は、ご主人の性格を踏まえて作戦を練ってみてはいかがでしょうか。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年6月8日(土)から12日(水)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock