わが子の「イヤイヤ期」の大変さを夫に理解させ、協力を仰ぐための工夫9パターン

  • 【2】「イヤイヤ期って必ず通る道らしいよ」と一般論として説明する

    「ネットで拾った『魔の二歳児エピソード』を面白おかしく話したら、身を乗り出して聞いてくれた」(20代女性)というように、わが子が特別なのではなく、どこの家庭でも大変なのだと認識させるのもいいでしょう。「自我が芽生え、何でも自分でやろうとするから…」などとメカニズムを解説すれば、好奇心を刺激できそうです。