夫に「お小遣いの減額」を切り出すときの作戦9パターン

「お小遣いを減らすよ」と軽くジャブをかましただけで、不機嫌になる夫。しかたのないこととはいえ、家計のために同意が必須だとしたら、どう交渉すればいいでしょうか。そこで今回は20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「夫に『お小遣いの減額』を切り出すときの作戦」を紹介します。

  • 【1】1円でも安くキャベツを買おうとするなど、日頃から節約ぶりを見せておく

    「『底値!』と書いた一覧表や、赤丸をつけたチラシを冷蔵庫にベタベタ貼ってアピール」(20代女性)というように、まずは死に物狂いで節約する様子を見せてから、交渉の場に臨んでみましょう。精いっぱい努力したうえでの最終手段だと訴えれば、夫も譲歩してくれるかもしれません。
  • 【2】過去一年の家計簿をグラフ化し、家計の内情を説明する

    「感情論よりデータで説得。ここ3年の家計の推移をエクセルで整理しました」(30代女性)というように、ぼんやりとした印象を述べるのではなく、数値化された資料を揃えて説明すると、夫の理解を得られやすいでしょう。冷静にやりとりできるよう、「年収ごとの夫小遣い平均値」などを調べて提示するのもよさそうです。