【ランキング】福山雅治系素敵オジサマを落とす方法ベスト3

1375694715185 200x200

福山雅治さん、大沢たかおさん、西島秀俊さんなどなど、女性同士で好きなタイプを話すとアラフォー男性の名前ばかり挙がることも少なくないでしょう。大人の男性は余裕があって素敵ですが、年齢が離れていればいるほど子ども扱いされて恋愛対象として見てもらえないということもありそうです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員にアンケートを実施し、「福山雅治系素敵オジサマを落とす方法ベスト3」をお伝えします。

【1位】「もー、子ども扱いしないでください!」とかわいらしく拗ねる(215票)
・「与えられた仕事をきちんとこなした上でこう言うと効果倍増です」(30代女性)
・「あえて子どもっぽく言うことで、若い女の魅力をアピール(笑)!」(10代女性)
・「『わかったわかった』と言って頭ポンポン。やっぱり子ども扱いされちゃいましたが、結果オーライかも(笑)」(20代女性)

【2位】「私も○○さんのようなオトナになりたい」と尊敬の念を伝える(188票)
・「無理に対等になろうとしないで、素直に憧れの気持ちを表現した方がいいですよ!」(20代女性)
・「最初は異性として見ていることを隠しておくべきだと思います」(20代女性)

【3位】「○○さんしか話せないんですけど…」と仕事や人生について相談する(177票)
・「自分の考えを真剣に話すことで、『何も考えてないただの若い女じゃないんだ』と思ってもらえます」(20代女性)
・「上司に何度も仕事の相談しているうちに、『今度ゆっくり外で話そうか』と食事に誘ってもらえました!」(30代女性)


過度の恋愛感情は見せず、無理な背伸びはしないようにすることが年上男性には効果的なようです。その上で年上男性を純粋に尊敬している態度で接すれば、深い懐で包み込んでくれるかもしれません。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計1375名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2013年7月28日現在