友達と好きな人がかぶってた!しこりを残さないための心得9パターン

友情と恋愛どちらをとるか…友達と同じ人を好きになることは、答えの出にくい悩ましい問題です。では、似たような経験をした女性はどのように決断してきたのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の既婚女性393名に聞いたアンケートを参考に「『友達と好きな人がかぶってた!』と気づいたとき、しこりを残さないための心得」をご紹介します。

  • 【1】自分から身を引き、恋をあきらめる

    「友達は一生ものなので」(20代女性)など、友情を壊さないために好きな人への思いを捨てるという女性は多いようです。特に「いいな」と好感を持ったくらいの段階なら、早めに退却を決めることで気持ちも切り替えやすくなるでしょう。
  • 【2】友達にはっきり気持ちを伝えて、堂々と行動する

    「コソコソ出し抜くとしこりが残るから」(20代女性)など、自分の気持ちをきちんと打ち明ければ、ライバルとして友達と清々しく競争できることもあるようです。二人ともできることはやったと思えれば、「あのとき私が告白していれば…」といった思いを引きずることもなさそうです。