妻子ある上司からのアピールを気づかぬふりでかわす方法9パターン

既婚者からの「異性として」のお誘いは、後々面倒なことになるのを避けるためにも、無難にお断りしたいところ。それ以前に、気づかないふりでスルーしつつ、今後も誘われないように予防線を張るにはどうしたらいいでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「妻子ある上司からのアピールを気づかぬふりでかわす方法」をご紹介します。

  • 【1】「異性と二人きりで飲みにいかないことにしている」と言う

    「男と飲みに行かない主義ってことにしておけば、誘うハードルが上がると思う」(20代女性)という意見もあるように、ガードが堅いことをアピールしてみるのもいいでしょう。万が一誘われても、そういう主義であると伝え、実践すれば、後腐れなく断れそうです。