いつも自分だけ注意される「怒られやすい人」の特徴9パターン

ミスは他の人もしているのに、「やたらと自分だけ叱られてしまう」という人がいます。常に説教の的にされないためには、どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「みんなと同じミスをしても、なぜか一人だけ説教の標的にされてしまう人の特徴」をご紹介します。

  • 【1】いつも自信なさげでおどおどしている

    「相手をいらいらさせやすいから叱られるんだと思う」(20代女性)というように、自信なさげに振舞っていると、相手をいらつかせてしまい、それが叱責につながることもあるようです。常に堂々としていれば、必要以上に説教されることもないのではないでしょうか。
  • 【2】ミスを認めずなにかと言い訳をする

    「理解していないと思われたら、説教されても仕方ない」(30代女性)など、自分の失敗をなかなか認めようとしない人は、先輩も「わかってほしい」一心で説教をするようです。言い訳をしないのはもちろん、ミスの原因を分析するなどして、事態を把握していることをアピールしてはいかがでしょうか。