義母の手料理に「苦手な食材」が入っていたときの対応9パターン

  • 【2】「小さいときにじんましんが出たことがあって」などと、体質のせいにする

    「好き嫌いの問題ではなく、体が受け付けないといえば角が立たない」(20代女性)というように、切実な状況を説明すれば、義母も同情してくれるかもしれません。ただし、嘘があとから露呈すると気まずい事態を招きかねないので、妥当な言い訳かどうか事前に検討しておいたほうが賢明でしょう。