義母の手料理に「苦手な食材」が入っていたときの対応9パターン

結婚したばかりの妻にとって、夫の実家は気が抜けない場所でしょう。義母が作ってくれる手料理にどうリアクションするかも、なかなか難しいところです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「義母の手料理に『苦手な食材』が入っていたときの対応」をご紹介します。

  • 【1】「どうしても苦手で」などと、正直に打ち明ける

    「『ごめんなさい、レバーだけは口にできなくて』と謝りたおす」(20代女性)など、今後のことを考えれば、早いうちに食べきれないものを伝えておいたほうがいいかもしれません。「一度、吐いてしまって…」というように、いかに苦手かを訴えれば、無理強いされることもなさそうです。
  • 【2】「小さいときにじんましんが出たことがあって」などと、体質のせいにする

    「好き嫌いの問題ではなく、体が受け付けないといえば角が立たない」(20代女性)というように、切実な状況を説明すれば、義母も同情してくれるかもしれません。ただし、嘘があとから露呈すると気まずい事態を招きかねないので、妥当な言い訳かどうか事前に検討しておいたほうが賢明でしょう。