「同じマンションのママ友」と無難に付き合うための心がけ9パターン

  • 【5】用事があっても、アポなしの訪問は控える

    「同性・同学年の子ども同士、一緒に遊ぶ仲に。その日のノリで行き来するのが重荷になり、今は事前の約束を徹底しています」(30代女性)というように、いつでも会える間柄だからこそ、お互いの都合を尊重したほうがストレスにならない場合もあります。ささいな用件でも、予告なく押しかけず、電話やメールで事前に連絡を入れましょう。
  • 【6】子どもが小さくても、騒音には注意する

    「こちらから『うるさくありませんか?』と聞き、腰の低さをアピール!」(30代女性)というように、「相手も同じママだから…」と勝手に理解を求めず、迷惑をかけている人には誠意を示したほうがよさそうです。「男の子だから騒がしいのは当然」と開き直る態度も反感を買うでしょう。