「同じマンションのママ友」と無難に付き合うための心がけ9パターン

  • 【3】気分や体調が悪くても、爽やかな挨拶を心がける

    「生理前でイライラMAXの朝、ついぞんざいに『おはよう』と言ったら、『私、気に障ることした?』とメールが来た…」(20代女性)というように、たった一度の不機嫌な態度のせいで、関係にヒビが入ってはいたたまれません。具合が悪かったり、家庭内でイザコザがあったとしても、ドアを一歩出たら明るく振る舞ったほうがいいでしょう。
  • 【4】タメ口に切り替えるタイミングは慎重に見極める

    「ずっと続く関係だから、距離感は重要。打ち解けるまでタメ口はNGだと思う」(20代女性)というように、いきなり親しさ全開で近づかず、時間をかけて関係性を模索する人もいます。「こっちのママとは友達言葉なのに、あっちには丁寧語」といった使い分けも、あらぬ誤解のもとになるので、周囲の目も考えたほうがいいでしょう。