義母から消費期限切れの手土産を渡されたときの上手な対応9パターン

  • 【7】「揚げるとおいしいらしいです」と、自力で消費するよう促す

    「『お豆腐を冷凍すると驚きの食感になるんですよ!』と、珍しい物好きの義母の好奇心を刺激し、3丁を返却!」(30代女性)というように、活用法を添えてお返しすると、持て余していた食品に再び興味を持ってもらえるかもしれません。義母は「まだ食べられる」と思っているはずなので、喜ぶ可能性すらあるでしょう。
  • 【8】「うちでも余らせていて…」と、次回の可能性を残しながら辞退する

    「『烏骨鶏の卵をお隣から頂いたばかりで…』と大げさに悔しがったら、『また今度ね』と簡単に折れた」(20代女性)というように、次の機会に期待を持たせて、その場をやり過ごすのもいいでしょう。いつも拒絶するのではなく、たまには受け取ってあげるようにすると、「今回は遠慮します」の理由にも真実味が増しそうです。