義母から消費期限切れの手土産を渡されたときの上手な対応9パターン

  • 【3】「○○さんが消費期限に厳しくて…」と、夫を盾にする

    「『この前も一カ月前のかまぼこを巡って大ゲンカになったんですよー』と辞退。彼がその場にいなくて助かった」(20代女性)というように、義母にとって愛息である夫を理由にすれば、すんなり諦めてもらえそうです。そこから「大事な息子」の話に切り替えて、手土産のことを忘れさせてしまいましょう。
  • 【4】「帰るまで冷蔵庫に入れておいてください」と、対応を先延ばしにする

    「思いつくままあれもこれもと渡され、うんざり。『あとでまとめますね』と言っておき、そのまま放置して帰った」(40代女性)というように、すぐ対処せず、どさくさに紛れてごまかしてしまう人もいます。義母にはっきり告げるのが心苦しければ、「忘れたふり」を繰り返しましょう。