最高の息子!と信じてやまない姑に教えたい「夫の素顔」9パターン

  • 【5】亭主関白を気取っているのに、二人きりだと「甘えん坊」

    「『あなたは黙って息子についていけばいいの』と言う姑。赤ちゃん言葉の彼を見たら卒倒するかも…」(20代女性)というように、夫の性癖を知らないからこその的外れな忠告には、「実は…」と暴露したくもなるでしょう。とはいえ、「息子大好き母」の嫉妬を買うだけなので、こればかりはナイショにしておいたほうがよさそうです。