初対面の男性の前で「張り切りすぎて、失敗しちゃった」エピソード9パターン

出会いの多い新生活。この出会いの中に、将来の彼氏がいるかもしれないと思うと、初対面から気が抜けませんよね。でも張り切りが逆効果になることも…。『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「初対面の男性の前で頑張りすぎて失敗したエピソード」をもとに、その理由をご紹介します。

  • 【1】率先して場を仕切ったら、男女の連絡係を期待された

    「合コンの幹事とか、恋のキューピッド役で終わりがち」(20代女性)というように、頑張りすぎた結果、ほかの男女の連絡係にされるパターンです。場がまとまらなくてイライラしても、ぐっと我慢して男性が仕切るのを待つのが利口かもしれません。
  • 【2】グチすら根気よくじっと聞いたら、単なる相談相手になってしまった

    「折り入って話があると言うから告白かと思ったら恋愛相談だった」(20代女性)というように、頑張りすぎた結果、単なる相談相手にされるパターンです。男性にとって不満のはけ口にされているだけだと思ったら、途中で席を立ったり話の腰を折るなど、勇気ある行動が必要かもしれません。