このまま独身はさみしいな…男性が焦りを感じる瞬間9パターン

  • 【6】自分が死んだあと、自分が生きた記録が何も残らないことに気づいたとき

    「僕の代で子孫が途絶えるのは寂しい気がする」(30代男性)というように、ふと自分が死んだあとのことを考えて悲しい気持ちになる男性も。街で見かけたかわいい子どもを見ながら、「いつか自分の子どもの顔を見たいね」と言ってみると、共感してくれる男性は結構いそうです。