帰省がゆううつ…夫の実家の「規則正しすぎる」習慣9パターン

独身気分が抜けないカップルならば、休日の朝は遅く起きて、2人でまったり過ごすこともあるでしょう。しかし、夫の実家への帰省中はそうもいきません。ともすると、昔気質な義父母に合わせる生活が待っていることでしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「ぐーたら嫁は帰省がユーウツ! 夫の実家の『規則正しすぎる』習慣」を紹介します。

  • 【1】朝は5時に起きて、玄関を掃き清める

    「義父母と同じ時間に起きたら、昼すぎに爆睡しちゃって大ヒンシュク…」(20代女性)というように、慣れない早起きをした結果、墓穴を掘ったという人もいます。夜まで起きていられそうにないと感じたら、買い物などを理由に夫と出かけて、喫茶店や車中で仮眠をとってみましょう。
  • 【2】起きたらすぐに着替えて、ふとんをあげる

    「低血圧の私はふとんをあげるのがキツイ。ふだんはベッドなんだけど…」(30代女性)というように、寝起きの悪い人にとって、朝の段取りが違うだけでも重荷に感じることがあるようです。義父母に弁解をするよりは、ふすまを閉めたままで何もかも夫に頼んでしまうのが無難かもしれません。